So-net無料ブログ作成
検索選択

原作者は実写版『精霊の守り人』をどう観たのか [精霊の守り人]

NHK大河ドラマ『精霊の守り人』の原作者である

上橋菜穂子さんに、実写化された感想が公表されました。

「よくぞここまで、誠実に一生懸命、映像化してくれた」と

まずは、第一声!

原作者1.jpg

原作の『精霊の守り人』は、今年で20年になります。

シリーズ第1作が出版されて20年になりました。

小学校の図書館で出会ったという人たちが、

いまは立派な大人になって、

「そろそろ自分の子どもにも読ませられます」

というくらいになっております。

この20年の間に、日本だけではなく世界中

いろいろなところで読んでいただけるようになりました(7ヶ国語に翻訳)。

しかし、私はこの20年の間に、

アニメにはなっても実写でこれをやっていただけるなんて、

露にも思っていませんでした。

それはなぜかといえば、

とてつもなく作るのが難しい世界だと思っていたからです。



第1回を観て、一番大きく胸に迫ったのが、

「よくぞここまで、私の物語の世界を誠実に一生懸命、映像化して下さったな」との思いでした。

「これはご覧いただいた方も驚かれたのではないでしょうか。」

「それくらいによくできている。」

とコメントしています。

そして、バルサを演じる綾瀬はるかさん。

どういう風になるんだろうと思っていたんです。


出だしのシーン、「若いな!」と思いました。

でも、それはわかっていたことで、

この作品は、1クールで終わるドラマではないんですね。

シーズン1として4回放送され、

次の年、その次の年…と3年間にわたって、全22回放送される。

主人公の少年は10歳だったのが17歳まで成長していきます。

実際の時間で3年間、そして物語世界の中では7年の月日が流れるんです。

実写版のみどころの1つはこの時間経過に伴う「成長と変化」です。

ドラマに登場する人物も、ドラマを作るスタッフ・キャストも人生経験を積んでいく、

そういう面白いドラマになっていると思います。

と原作者の上橋菜穂子さんも驚きの出来に

感激している様子がうかがえますね。









スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。