So-net無料ブログ作成

精霊の守り人 NHK大河ドラマ あらすじ [綾瀬はるか]

精霊の守り人 『第一話 あらすじ』



綾瀬はるかさん主演の

NHK大河ドラマ!「精霊の守り人」が3月19日(土)に

スタートしました。

NHK総合で毎週土曜 後9:00(全4回)

シーズン2・3(全18回)2017年から順次放送予定との事。

簡単では、有りますが。

第一話のあらすじを紹介したいと思います。



女用心棒のバルサ(綾瀬はるか)は


新ヨゴ国の王子チャグム(小林 颯)が川に転落したところへ通りがかり、


命を救った。
綾瀬はるか 精霊の守り人1.jpg
http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0217/mnn_160217_1130522075.html


宮殿に連れて行かれたバルサ(綾瀬はるか)は、

妃から「王子を連れて逃げてほしい」と頼まれる。


チャグム(小林 颯)には精霊の卵が宿ったが、その精霊は悪しき魔物と言われており、

帝(みかど)から暗殺されようとしていると言うのだ。


やむなくチャグムを連れて逃亡するバルサ。


王宮からは刺客が放たれ、異界の魔物が王子に宿る卵を狙っていた。


バルサは闘い、生きる厳しさと身を守る術をチャグムに教えていく。


やがて、精霊と交信できる呪術師たちの協力を得て、精霊の真の姿が分かってくる。

卵が孵化する時期が迫っていた。いつまでも逃げているわけにはいかない。

バルサたちはついに、刺客と魔物との決戦の時を迎える…!








精霊の守り人  『第二話 あらすじ』


放送日


3月26日(土) [総合] 後9:00




危機一髪のバルサ(綾瀬はるか)を救ったのは

チャグム(小林颯)の不思議な能力だった。

叫びに呼応した川の水が追っ手を押し流したのだ。



満身創痍のバルサは幼なじみのタンダ(東出昌大)に手当を受け、一命をとりとめる。

一方、チャグムに何が起きたのか調べていたシュガ(林遣都)は

呪術師のトロガイ(高島礼子)から、

王子に宿ったのは精霊の卵で、守るべきものと聞かされる。

それは新ヨゴ国の建国の神話を否定する内容だった。



【出演】

綾瀬はるか、小林 颯、東出昌大、木村文乃、林 遣都、吹越 満、神尾 佑、松田悟志、清原果耶

吉川晃司、高島礼子、平 幹二朗、藤原竜也 ほか

精霊の守り人2.jpg
http://togetter.com/li/946212 


【原作】

上橋菜穂子

【脚本】

大森寿美男









スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。